FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

奥日光・幻の湖と貴婦人

奥日光に在る湿原・小田代ヶ原。
「貴婦人」と命名されている一本の白樺が写真愛好家に有名なんですが、この小田代ヶ原に台風24号による大雨で「幻の小田代湖」が出現したというニュースを聞き、地元民ならば一度は見ておかねば…と深夜車を走らせて、夜明けと共に探索しました。あー眠い。

日光 小田代ヶ原 貴婦人 小田代湖 幻の湖  181006-1
写真を撮りながら戦場ヶ原の散策路を歩く事、小一時間。
着いた小田代ヶ原には湖が・・・というよりも、えーと、水溜まり?
うーん、報道の時よりも減っちゃったかー
天気が良ければもっと違う印象になったかもしれませんが、
水面に映る「貴婦人」も見れたし良しとしましょう(<エラそうに)


せっかく来たのだし、小田代ヶ原から戦場ヶ原を一周して帰ります。
小田代ヶ原に来る途中の森はうっすらと紅葉が始まったばかりと言った感じで、本格的な紅葉はまだこれから。
> もっと読む?
go page top

ナメクジに嫌われる

涼しくなったのはいいけど、秋らしくスカッと晴れた天気にはならなくて、ジメジメした陽気が続きます。
で、地面や、庭に面した壁にはナメクジの這った後が多くてちょとイヤ〜な感じなんだけど、外に置いてある私の長靴やサンダルには這った跡がまるで無くて、まるで私の履き物だけ避けているよう。
もしかしたら私の足は、彼らの嫌がる臭いを発しているのかな〜と思い始めてる今日この頃です。

180925 ナメクジ

ナメクジを寄せ付けない何かがゴムやビニール製品にあると思いたい。
go page top

承認欲求

自分から打って出るのが必要なSNSとか、苦手かもしれない自分。
気恥ずかしいのと、人の輪に上手に入って行くのが苦手なのとで、登録だけしてほとんど交流しないSNSの山が築かれるのであった…

SNS 承認欲求 180923

もう一人の自分が邪魔をする…
go page top

謎のヘヤースタイル

交差点で信号待ちをしていたら、ポンチョの雨合羽を着て自転車に乗っている女性が目に付いた。
うん?顔の真ん中に黒い筋が入ってる・・・。
髪の毛?
髪の毛が垂れてきたのかな?
いや、でも、真ん中だけだよ?
見事にど真ん中だよ?
青信号に変わり、彼女は気にするようでもなく、そのまま走り去っていった。

180921 前髪の女性

フードに収まりきらないポニーテイルを前に出していたのかなあ?
謎だ。

go page top

こぼれ種、大暴走

あまりの暑さに管理放棄していた、我が家の庭。
7月頃まで咲き誇っていたコスモスは台風で倒伏・消えて無くなり、
マツバボタンは酷暑の後の雨で腐って消えて、
マリーゴールドは枯れかかり・・・

仏心を起こして抜き取らずに残しておいた、こぼれ種の花々に占領されてました。
まあ、毎年恒例ですけど(笑)

180920 こぼれ種 オシロイバナ ニチニチソウ
こぼれ種から芽吹いたメランポジウム、日々草、オシロイバナが席巻。
まともに花を付けているのはすべてこぼれ種。
日々草など、連作障害が起きるから同じ所に植えるな、と言われてるのに毎年勝手に芽を出して元気に花を付けているんですけど、どうして?
奥の赤い彼岸花の手前に黄色く咲いてるメランポジウムなど、大群落を作ってます。

180920 こぼれ種 アサガオ
たった一本のこぼれ種アサガオが、足元に日々草を従えて、こんな立派な緑の巨人になりました。
面倒臭いから棒を一本立てておいただけなのに、ツルに自分のツルが巻き付いて自立、アサガオタワーの誕生。
なんか、自立して歩き出しそうな不気味さ。
(ガチャピンっぽい)



同じ園芸種なのに、こぼれ種から育った苗は虫や病気や夏の暑さにめっぽう強いのはなぜなんでしょ?
日々草を最初に植えた時は、立ち枯れ病や根切り虫にやられて満足に大きくならず、今年限りだなあと見切りを付けていたのに。
アサガオだって、グリーンカーテンにした奴はカメムシやらスズメガのイモムシやらやたらたかるのに、こぼれ種のアサガオはそんな様子はまるで無し。
人の手を加えない方が逞しく育つのかな?

・・・と毎年思うのでありました。
go page top