03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

少年の日美術館

企画展(歳時記展)が12/25までと終わりそうだったので、慌てて安藤勇寿「少年の日」美術館に行ってきました。
ちょっと昔の(とは言っても50年ほど昔の)田舎の、この時期の子供達の生活を描いた作品が展示されていて、子供の頃を思い出してしんみりしてきました。一家団欒で過ごす年末年始とか、そんな光景は見かけなくなりましたもんね。

少年の日美術館 161224-1


> もっと読む?
go page top

晩秋里山歩き

相変わらずの、いつもの里山(三床、二床、一床山)歩き。休憩込み3時間で、登って尾根歩きして降りられるのが魅力的。

この時期の里山は、落ち葉で覆いつくされた道をがさごそとかき分けて歩くのが楽しいです。ただ、下りは滑りまくるので恐怖ですけど。コースによっては道を見失いますが。
161294 落葉道
> もっと読む?
go page top

日帰り耐久日本海沿い南下旅

昨日、ドライブ好きだった母の命日にちなんで、ひとっ走りしてきました。本格的な雪道になる前に、海沿いの道を堪能しておこうという趣旨。

午前3時に自宅出発(←つまりほとんど寝ていない)。
午前7時に山形自動車道月山IC到着。日本海までもう少し。でも、ここに至るまでの道が霜で妖しく光っていて「あ、ヤバい」。
案の定、峠越えの道は夏タイヤ走行禁止。スリップサインの出かかっている夏タイヤの自分は、冒険は出来ませぬ。

「大人しく内陸を引き返すか?、少しでも海を見て帰るか?」

しばらく考えた末に、さらに北上して最上川経由で鶴岡市に出る事に決定。80kmほど遠回りになるけど、ここまで来ておめおめと引き下がる(帰る)とあっちゃあ男が廃る。

午前10時半、日本海沿い南下スタート予定地点の山形県鶴岡市に到着。既に2時間のロス。
さあ、もう後には引けないぞ。
そこから笹川流れやシーサイドラインなど海沿いの道を選んで走り、新潟県柏崎市に付いたのが午後4時。そこから内陸に入って、塩沢石打ICから関越自動車道経由で帰り着きました。
高速道路480km、下道460km、16時間の日帰り耐久レースでした。

お土産:ムカゴ2袋、新米2kg、母の好物だったサバの丸焼き、父の好物だったイカの丸焼き、他
仏壇に供えて(-人-)ナームー..

命日なんて、走る言い訳に過ぎなかったのかもしれないな・・・

(加茂水族館付近の道を2倍速に編集、縮小劣化版)
[広告] VPS


しかし、万が一の保険と考えて購入したドライブレコーダー(↑)だけど、タイムスタンプはすぐに初期化されるわ、映像ファイルが抜け落ちるわ、いざとなった時に頼りになるのかしら?(自宅到着寸前、歩行者赤信号無視して飛び出してきた自転車のおっさんが録画されてないぞ、おい。)
go page top

半日帰りドライブ

気晴らしドライブ。
5時に家を出て、山の上でコンビニのおにぎり(寂)食べてリンゴ買ってお昼に帰る、タッチアンドゴー。

志賀高原 190910

ナナカマドの実はすっかり色付いていて、後は紅葉シーズンを迎えるのみ。
(現像一つで空の色が全然違うという・・・)
志賀高原 ナナカマド 190910-2

まぁ、紅葉シーズンに出かける気力はもはや無くなってますが。
(昨今の車のマナー等を考えるとウンザリ)
go page top

茶臼岳、山歩き

しばらく山に行ってなかったので、足慣らしに地元の那須・茶臼岳〜南月山を歩いて来ました。ええ、口が裂けても「登った」なんてレベルではありません。

ロープウェイが動き始める遙か前の午前5時に登り始めたので、ほとんど・・・と言うか全く人が居らず、早朝から入山していた人も、朝日岳や、さらに奥の三本槍岳方面に行っていたようで、中途半端な南月山には私一人。おかげで気兼ねなくおにぎりが食べられました。そして、9時に下山、お昼に帰宅のカミカゼ山歩き。

茶臼岳 南月山 160712

↓硫黄の噴気孔をのんびり観察出来ました。硫化水素には気をつけて。
> もっと読む?
go page top