FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

ビオラ、買いが止まらない

あまり増やしても春先の管理が大変になるから、今年はビオラの数を減らそうと思っていました。
・・・いました。

フルーレットを買う 181113-1
> もっと読む?
go page top

水栽培、始めてみました

ホームセンターでヒヤシンスの球根が特売で山積みになっていたので、
気まぐれに水栽培始めてみました。
181027 ヒヤシンス 水栽培
まずは冷蔵庫にて寒さに当てます。
水栽培は小学生の時以来だけど、こんな作業をしなくても咲いたよなあ?
まぁ、今は陽気が暖かいし、念のため。

正直言って水栽培の、球根がしぼんで行く過程がかわいそうでやらなかったんだけど、
まぁ、プランターに植えても結局球根を腐らしちゃうし同じ事。
長く楽しめる切り花、と思えばいいかなあ、と。

【おまけ落書き】擬人化水栽培。
なかなかお絵描きのカンが戻りませぬ。
181027 水栽培 落書き 擬人化
go page top

ガーデニング2019春のテーマはピンク

もう、夏の猛暑と台風と秋の長雨で庭がジトジトグチャグチャエライことになっているのですが、それは忘れて。
先月から、来年の正月から春にかけて咲く花を植え(蒔き)始めました。
テーマはピンク。
181020-0
はい、おっさんなのに、実は桃色が好きなんですが何か?
> もっと読む?
go page top

こぼれ種、大暴走

あまりの暑さに管理放棄していた、我が家の庭。
7月頃まで咲き誇っていたコスモスは台風で倒伏・消えて無くなり、
マツバボタンは酷暑の後の雨で腐って消えて、
マリーゴールドは枯れかかり・・・

仏心を起こして抜き取らずに残しておいた、こぼれ種の花々に占領されてました。
まあ、毎年恒例ですけど(笑)

180920 こぼれ種 オシロイバナ ニチニチソウ
こぼれ種から芽吹いたメランポジウム、日々草、オシロイバナが席巻。
まともに花を付けているのはすべてこぼれ種。
日々草など、連作障害が起きるから同じ所に植えるな、と言われてるのに毎年勝手に芽を出して元気に花を付けているんですけど、どうして?
奥の赤い彼岸花の手前に黄色く咲いてるメランポジウムなど、大群落を作ってます。

180920 こぼれ種 アサガオ
たった一本のこぼれ種アサガオが、足元に日々草を従えて、こんな立派な緑の巨人になりました。
面倒臭いから棒を一本立てておいただけなのに、ツルに自分のツルが巻き付いて自立、アサガオタワーの誕生。
なんか、自立して歩き出しそうな不気味さ。
(ガチャピンっぽい)



同じ園芸種なのに、こぼれ種から育った苗は虫や病気や夏の暑さにめっぽう強いのはなぜなんでしょ?
日々草を最初に植えた時は、立ち枯れ病や根切り虫にやられて満足に大きくならず、今年限りだなあと見切りを付けていたのに。
アサガオだって、グリーンカーテンにした奴はカメムシやらスズメガのイモムシやらやたらたかるのに、こぼれ種のアサガオはそんな様子はまるで無し。
人の手を加えない方が逞しく育つのかな?

・・・と毎年思うのでありました。
go page top

朝顔日記・その後のグリーンカーテン

小学生の夏休みの観察日記より酷い・・・と思いつつ、これぐらいしかネタが無い夏のガーデニング(もどき)。

西洋アサガオの種・「星の混合」のうち、ピンクが咲き始めました。
この品種、色によって葉の大きさ・花の大きさ・咲き始める時期、全てがバラバラ。
花の大きさは、青を中輪とすると、星の青とピンクは中輪〜小輪。
花の咲く時期は、青と星の青は6月中旬から、星のピンクは8月から。
葉の大きさは、青が小、星の青とピンクが大。葉の大きさからして、青はグリーンカーテンには向かないなあ。

前にも書いたけど、一つの品種としてもうちょっと統一感を出してくれないかなあ?

180808-1マルバアサガオ ピンク

でも、このピンクは良いなあ。ヒルガオっぽいけど
180808-2
> もっと読む?
go page top