FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

田舎の小さな美術館

鉛筆の林


市内…とは言っても、町はずれの田んぼと川と山に囲まれた山里に在る、児童画家の美術館に寄ってみた。

いわゆる良い子だけが題材じゃない。
顔をぼこぼこにしながらの殴り合いの喧嘩。
空き地の片隅でグラビア雑誌を覗き込む男の子達。
駅のホームで、憧れの先輩が彼女と指切りをする光景を覗き込む失恋少女。

保守的な芸術画じゃない。
広角レンズで下から煽るようなダイナミックな構図。
動きのあるシーンでブレを描く漫画的・映画的手法。
モノトーン(セピア)とカラーを効果的に共存させたり。

そしてなによりも、畳3~4畳半分ほどもある色鉛筆画群に圧倒される・・・
近くに寄ってみても手抜きの手の字もない、整然と走る色鉛筆のハッチング。その集中力の凄さ。
パソコンのモニター程度の大きさでヘタレてる自分が情けねー・・・orz

うーん、良い刺激になりました。

PS
しかし、現物を見てよく解った。
売られてる画集の色の再現性を何とかしろ~


美術館

go page top