01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

ちょー合金・ドロッセル

ファイアボールのドロッセルがやって来ました。
普通、俺の世代だったらマジンガーZか何か(って何だ?)で洗礼を済ませて卒業なんだけどなあ、まさか今さら、生まれて初めて買う超合金がこれとは、我ながら・・・あー、あれだ。
一応、ディズニーアニメなんだから世間体は保たれてるよ・・・な?

使用感。
ずっしりした重さが心地良い。
パーツ着脱のジョイント部分の強度に一抹の不安。
股関節の自由度があまり大きくない。ザク並み(笑)





「かかってきなさい!」
かかって来なさい!



大きさはこれくらい(当社比)
「スケールって大事よね」
比較1


「何よ、何か文句でもあるの?」
「・・・親指が・・・に当たって痛いですぅ」
比較2

go page top

タンポポのようにふわふわと

オリンピックがやっと終わりました。

人間、生きて行くには避けられない事でしょうけど、
どうも勝ち負け(上手い下手)で決まる世界は苦手です。
負けが込んでくると特に・・・

勝ち負けの無い、評価する者の居ない旅の生活、今でも憧れです。

ツーリングタンポポ
go page top

ネコの不思議な話

10年ほど前、我が家のネコの餌を狙うノラネコが現れた。
白黒の柄、黒い鼻、短い尻尾の太ったオスネコ。通称シロクロ。
最初は人が近づくと逃げだしていたシロクロだったけど、追っ払うのをやめたらあっという間に懐いてしまい、人の布団で寝て過ごすまでになってしまった。
どこかで可愛がられていた飼いネコだったのだろうか?、撫でれば手のひらを舐め、抱けば腕を舐め上げる、犬みたいな奴だった。体に掃除機をかけても平気、家のネコにも喧嘩を売らずなすがまま。
ただ、欠点が一つ。私の布団で寝小便をするのには参ってしまった。
他のノラネコと喧嘩して行方不明になったり、喧嘩の傷が化膿してなかなか治らなかったり、飼いネコより世話が焼けるネコだった。
3年ほど居候し、ケガが治ってホッとしたのもつかの間、病気にかかって私の布団で息を引き取った。

それから3年後、また飼いネコの餌を狙うノラネコが現れた。
白黒の柄、黒い鼻、短い尻尾の太ったオスネコ・・・
シロクロと全く同じ模様と体型のドラネコ。
声をかけてみた。
3日で慣れた。
初めて抱き上げたとき、そいつは私の手や腕や顔を舐め上げた。
初めて私の布団で寝たとき、寝小便をした。
家の飼いネコには絶対にちょっかいを出さなかった。

シロクロ二世は今日も私の布団で日向ぼっこ。

シロクロ二世

go page top

スプラッシュ、いいなー

今の愛車も100,000km目前、車検も目前(泣)、税金ももうすぐ(泣)、日本車でもハズレ車ってあるんだなと実感させられ、ディーラー選びの重要性を実感し、生まれて初めて車のシートの所為でぎっくり腰となり、いい歳した男が独りコンパクトカーに乗ることからくる悲しい体験もさせられて・・・(漫画のネタにはなりそうだが)。
良い設計の車なんだけど、運と相性が悪かった。

あー、これ以上この車に金をかけるのはイヤだァ。
公共機関の皆無な田舎では、車好きにとって車は足です。家です。自分の分身です。
正直言って買い替えたい。どうせ金がかかるなら好きな車に乗り換えたい。
どうせなら、人から馬鹿にされても心折れない自己満足なマニアックな車に。
ガンダムよりもザクに。ボールはイヤだ(笑)




ちょっと前のディーラーのチラシで、走行距離45kmのスズキ・スプラッシュが78万円で売りに出てて、心が揺れました。(走行距離100kmも10,000kmも同じような値段というのも謎だけど)
口うるさい評論家でさえベタ揉め、コンパクトカーには珍しく車経験が豊富なユーザーの割合が大きく、2chのスレさえ荒れず、という希有な日本車なのに売れてない。
(ディーラーの売る気がない、というのが現状らしいけど)

もう、今や国民が車から興味を失いつつあり、車の付加価値とブランドだけで表層的な車選びをし、車を好きでもない人間が車を作って売ってる今の日本、まともな車が売れなくても、そして作られなくなっていっても不思議じゃないかもしれません。

そんなわけで、安くてまともな日本車が消えて行く前に、ハイブリッド車と軽自動車以外に選択の余地が無くなる前に、誰かお金を私に下さい。\(^O^)/

スプラッシュ



go page top

覚悟完了、俺の人生

父の元同僚の葬儀からの帰り道の車内にて。
父「皆、どんどん逝っちゃうなあ。
  俺の葬儀に来てくれる奴が居なくなっちゃうよ」
俺「まだ俺がいるからいいじゃないか。
  今のままだと、俺なんて無縁仏だぜ」
父「ハッハッハッ、そうだなあ」

えー、父の餌作り食事の世話も何もかも放り出して、
四国巡礼の旅に出たくなりました。
(行き倒れ上等じゃーい!・゚・(ノД`)・゚・)
go page top