07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

夏が終わるなあ(暦の上だけ)

暑過ぎ

  日焼けせぬまま

     夏終わる・・・

          
くまりーた

バイク焼け
go page top

北海道へ!2009「抜海海岸」

盛り上がりに欠ける旅日記の4日目。

090706抜海海岸a
> もっと読む?
go page top

イノセンス ーいのちに向き合うアート

栃木県立美術館企画展【イノセンス ーいのちに向き合うアート】を見てきました~。
売れる売れない、ウケるウケない、上手い下手、そんな打算的な気持ちに振り回されずに内なる言葉に忠実に造られた、いわゆるアウトサイダーっぽいアーティストの作品群を見ているうちに、すごく自由な気持ちになれましたよ。

画用紙に描かれたセスナの絵が壁一面に張り出された「西澤彰・作《飛行機との対話》」なんて、自分も一緒に空に放り出されて飛んでる気分になれるし、「坂上チアキ・作《一角獣》」他の線画なんて眉間に皺寄せて近づいて「観察」しないとよくわからない精密っぷりだし。みんなそれぞれ、すごく楽しい。面白い。

芸術なんて好きなようにやって、たとえわずかでも、その作品に心動かされる人が出てくれば、幸せなんだよね。


イノセンスa
イノセンスb

go page top

アシナガバチの避暑

猫ちぐらのハチの巣から孵った子バチ達が、あまりの暑さからか?台所に避難中。
だいたい、20匹ぐらい?(´д`;)
一晩置いてやるけど、明日にはお引き取り願うぞ。

孵ったアシナガバチ達

でも、エアコン無いし、火を使えば天井は焦熱地獄だし。
彼ら自ら、逃げ出していってくれることを期待。
go page top

NHK「にっぽん紀行 ~北海道・最北の無人駅~」を見て

サブタイトルが「最北秘境駅・何か抱えて集う旅人」。抜海駅を舞台に、ここを訪れる旅人の事情や人生を追った、叙情溢れるドキュメンタリー。

抜海駅が秘境駅ぃ~~~?という思いは、置いといて。
何度か訪れた抜海駅が舞台のドキュメンタリーなので、つい見入ってしまった。

まぁ、抜海駅に限らず、観光地でもなんでもない、なーんにも無いところを独り訪れてボーとしている旅人なんて、多かれ少なかれ、心に何か抱え込んでるものだもんなあ。
「クサい番組だなあ」と笑って見れる人は順調な人生送ってると言えるかもしれん。
(多少クサい演出があっただろうことは否めないけど)

100826 抜海駅

で、続けて見てしまったTV東京の「空から日本を見てみよう」の舞台が、その昔、追い詰められるようにして会社辞めた後、逃げるようにバイクで訪れた道東で。
にっぽん紀行との合わせ技で、次から次へと昔のことが思い出されて、ちょっとセンチな気分になったおっさんだったよ・・・
go page top