FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

暑いと言いつつ浅間山登山(地獄の斜面編)

平坦な湯の平を過ぎて賽の河原。
森林限界も過ぎて、いよいよ浅間山に向かっての本格的な登山の始まり。

賽の河原 浅間山

ちょっと目眩がしたような気がしますが・・・

なあに、たったの400mだ、問題無い。
ところでこの石、まさか噴火の時に飛んできたものじゃないだろうなあ。あまりにも周りから浮いていたのでパチリと一枚。
賽の河原 噴石?

山腹を登り始める。陽の光にじりじり焼かれながら登る。富士山と比べたら楽だろう、きっと(登ったことないけど)。
浅間山登り01

白い雲に向かって何も考えずに登る。山腹を巻くように登る。えーと、1歩で25cm上がるとして4歩歩けば1m、100歩歩けば25mだから、頂上まではあと・・・などとカウントしながら登る。
浅間山登り02

辛くなったら振り返って、自分の登ってきた高度差を確認。良い眺めじゃないか。風景と自分を褒めて、また登る。
浅間山登り03

陽の光は暑い(熱い)けど、風は涼しくガスも無くて展望が良かったのが幸い。これで視界ゼロだったら苦行。

昨夜2時間ほどしか眠れなかったせいもあるけど、足元を見つめると目がクラクラし始める。敢えて遠くを見る。いつも感じるんだけど、同じ標高差の登りでも、低山と2000m級の山とでは明らかに体への負担が違う。高山病になりやすい体質に決定です、自分。

「帰って来たヨッパライ」のメロディーが、頭の中をグルグルと。頂上には酒は無いし、その手の綺麗なネーちゃんも居ないけど、俺、頑張る。

上から降りてくる登山者とすれ違う。向こうは涼しい顔で。こちらは悲壮な顔で挨拶を交わす。
「こんにちは♪(^v^)」
「こんにちはぁ〜〜〜(`д´;)ヒィー」
「頑張ってください、もうちょっとですよ〜(*^^*)/」
・・・まだ半分も登ってませんが、その言葉、応援としてありがたく受け取っておきます。

そんなこんなで、外輪山の避難壕のところまでたどり着きました。掛かること1時間ちょっと。だいたいコースタイム通り。まだまだ俺はやれる!
浅間山 避難壕 1

浅間山本山は噴火中のため、一応登山(入山)禁止なので、外輪山の前掛山(2524m)に向かいます。あと90mじゃぁ〜〜〜っ!(<疲労のため、1メートル単位の標高差に激しく敏感になってます)
前掛山 外輪山 登山道 1

ところで、人の居ないはずの浅間山噴火口にちらちら人影が見えたのですが、きっと噴火の犠牲者の霊でしょう。南無阿弥陀仏(;・∀・)人

天上編へ続く。
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wotakuma.blog60.fc2.com/tb.php/1010-47c43e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top