FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

敗走記・こんな旅もあっていいじゃないか

異色レポ漫画・敗走記(しまたけひと著)を読んだ。
普通、紀行物や旅行を扱ったエッセイ漫画と言えば、××行きました!食べました!泊まりました!しました!疲れたけど楽しかっよ!ここオススメ♪(萌えも含む、万人受けする可愛い絵柄で)という内容がほとんどだし、実際、不特定多数の一般読者を獲得し役に立ってもらうからにはそうでなくちゃいかんのだろうけど、この敗走記は真逆を行きそうな、(たぶん)冴えない中年男の硬派な旅の独白(半)エッセイ漫画である。

(半)としたのは、一応フィクションとして演出・構成がなされていて、主人公も別名の架空の漫画家「シカイズ」氏とされているからなのだけど、それは、娯楽性を与える為と同時に、いろいろオトナの事情を避けるためでもあるのだろうと思う。

敗走記 しまたけひと 國津武士 130923-1

内容は、関ヶ原の合戦に敗れた島津義弘が、6日間250km敗走の記録「島津の退き口」を追体験した旅の記録だ。
もちろん、徒歩で、である。一日あたり40kmを越える強行軍だ。命を賭けた敗走なのだから当然だ。
史実を元にした過去のドラマも描かれるが、やはりメインは作者の旅の描写だろう。

敗走記 しまたけひと 國津武士 130923-5

当然、疲れる。
暴風雨にも見舞われる。
挫折する。
過去の武人達の苦労に思いをはせるが、これだけの苦労を重ねてもなかなか共感出来ない。焦り。
出会いもあるが現実を突きつけられる。(エロ漫画家ですと胸を張って言えない悲しみ)
それでも、ホッとする一瞬がある。
這々の体でゴール。
そこでどんな想いが湧き起こったのか・・・

敗走記 しまたけひと 國津武士 130923-2

作者は、しまたけひと。
漫画家としてはピークを過ぎた中年。それまで手がけたエロ漫画(<POPで可愛いんだけど、今やエロとしては弱いのかな?)が通用しなくなり、作者(主人公)の内面の吐露、人生に対する赤裸々なまでの不安・焦り・悲しみ・煩悩などが、前作・お遍路漫画「アルキヘンロズカン」同様、描写されている。

130923-3

親を安心させたい・・・
親族に胸を張って見せられる作品を描きたい・・・
結婚して安定した生活を送りたい・・・
この連載が最後のチャンスだ、止めるわけにはいかない・・・

様々な想念が、挫折しそうな作者の心の中を駆け巡る。
人によっては、情けない!と嫌悪感さえ覚えるだろう。
暗い(笑)と笑う者も居るだろう。
自分で選んだ人生だろ!甘えるな!と罵倒する者も居るだろう。
でも、そういう人達は幸せだ。
でも、その作者の心情に共感を覚えた不器用な者達は、笑いながらも涙を流さざるを得ない。ファンにならざるを得ない。

何かからはみ出て。
自分の居場所が見つからなくて。
何の希望も見いだせなくて、フラフラと旅に出たことのある人。
バックパッカーだったけど、未だ燃え切れずに心に何か抱え込んでる人。
レールから外れそうでもがいている人。
世間の流れに、視線に、リア充に劣等感を抱いてる人。

そんな人には、諸手を挙げて勧めたい。
もちろん、そうで無い人にもオススメです。
アルキヘンロズカンも読んでおけば、ゲストキャラも出ているので楽しさ10%増し。
ところで、敗走記(1)とあるんだけど、続編も期待しちゃっていいのかな?

それでも歩み続けなきゃいかんのだよな)

130923-4

【独り言】
・ゲストハウスみたいなドミトリー宿は、おっさん独り旅には敷居が高い(俺的に)。
・それでも、作者はまだ30代なんだから羨ましいと思っちゃう俺って・・・
go page top

この記事に対するコメント

これは面白そう
だが同時に身につまされそうで怖い(^^;;;

URL | なりたり #2WdbYHDY
2013/09/25 23:25 * edit *

面白いですよ!
もう、読んでてヒリヒリして来るくらい!(;・∀・)
他人事と我が身との境界線があやふやになってくる感覚がもう最高です。

URL | くまりーた #pIcqbEt.
2013/09/26 22:11 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wotakuma.blog60.fc2.com/tb.php/1179-a3070f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top