FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

桃太郎、その新たなる力

久しぶりの「ふるさと再生 日本の昔ばなし」ネタです。相変わらず、この番組から目が離せません。
録画しておいた物を今日見てみたら、湖川友謙先生の「桃太郎」でした。湖川先生の絵は大好きなのだけど桃太郎かぁ・・・というのが正直なところ。せっかくだから、目は通しておこうか(<偉そう)。

当然、物語は普通でした。普通に始まり、進行し、鬼ヶ島の鬼退治も普通に終わり、桃太郎の面々は大海原を帰途につきます。めでたしめでたし。

でもおかしい。まだ尺が少々余っているぞ?
と、思っていたら、海中からラスボス鬼の大将が登場。手下が全部やられるまでどこで何をしていたのでしょうか?
斬新な桃太郎 ふるさと再生 日本の昔ばなし 160406-1
どんどんせり上がって行きます。いい体してんな。
160406-2

後ろからの視点。あらやだ、全裸。筋肉質のいいお尻(´∀`*)ポッ
160406-3

見下ろしてメンチを切る大将。ケンカの基本ですね。
160406-4

ザンブと海に飛び込む桃太郎。
しかしこの鬼の大将、本当に日本の鬼ですか?外国の方じゃないですか?
160406-5

海面に顔を出す桃太郎。この巨大な鬼に対して、果たして策はあるのか?桃太郎!
160406-6

おや?
160406-7

おやおやおや?
160406-8

巨大化して、ガンを飛ばす桃太郎。
想定外です。心の底から想定外です。桃太郎の、こんな戦い方見たこと無い。
160406-9

ビビる、鬼。私もビビりました。しかしこの鬼、プルートゥとかポセイドンとか真ブライ大帝とか名乗らせた方が良さそうなキャラデザインですね。
160406-10

「めっ!」あらやだ可愛い(´∀`*)。一応、小さなお子様向けの番組ですので、オチはほのぼの。
ふるさと再生 日本の昔ばなし 斬新な桃太郎 160406-11

この後は普通に戻って、普通におじいさんとおばあさんと幸せに暮らしました。ふ、普通が一番だよね((((;゚Д゚))))

思えば桃太郎が三匹の家来にきびだんごを与える時、彼が縮む描写があったのです。でもあれは、優しい桃太郎が家来に目線を合わせる心理描写だとばかり思ってました。まさかあれが伏線?だったとは。

もしかしたら桃太郎は一寸法師のサイドストーリーだったのか、その逆なのか、様々な疑念が晴れないまま見た次のお話「そばがき和尚」も、ほのぼのした絵柄のくせに「ハエが纏わり付く生きのいいイモムシを煎じて飲ませる」等アバンギャルドな描写もあったりして、なかなかの食わせ物でした。

こんな、ちょっとお茶目に羽目を外した作品と出会えることも、アニメの楽しみの一つですね。
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wotakuma.blog60.fc2.com/tb.php/1597-ac7e19de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top