FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

管理人プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

オタ空日記

落描きとか、散歩とか、写真とか、管理人の日常スケッチ。

色々新しかった「織姫と彦星」

時折、チャレンジングな作風の話が現れて油断出来ない「ふるさと再生 日本の昔ばなし」。
今回は七夕にちなんで「織姫と彦星」でした。オーソドックスな、誰もが知っているお話ですが、先日の「桃太郎」が何かとあれだったので、もしかしたらと思って見てみたらもしかしてました。

「さるやの石」の時と同じような、荒々しいラフな作画でスピード感溢れるイントロ。あれ?っと思ってタイトルを見たら、ほぼ同じスタッフでした。これはただでは済まないなと思い、姿勢を正して鑑賞スタート。
160704-1

本編が始まってしばらくは、静かに織姫の背景などが物語られていましたが、織姫が初めてこちらに振り向いてアップ・・・ドーンッ!
ふるさと再生 日本の昔ばなし 織姫160704-2
あらやだ可愛・・・なんだ、これ?(笑)(←誉めてる)
次に、時間を巻き戻して牽牛のことを紹介する、巻き戻し演出。録画に失敗したかと思いました。
160704-3

牽牛も、ドーンッ!
160704-4

歌声に引かれ、織姫の住む塔に忍び込む牽牛。・・・塔? ラプンツェルっぽいぞ。
160704-5

ただの牛飼いとは思えぬ猿飛の術でアクロバティックな動きで木をよじ登り、織姫の様子をうかがう牽牛。
160704-6

枝が折れ、落ちそうになって、織姫と対面。
160704-7

ん〜〜〜〜〜
160704-8

ポンッ
160704-9

今はこれが精一杯
160704-10

カリオストロの城へのオマージュでしたヽ(^o^)丿
やあ、楽しいなあ。

他にも、馬鹿ップルに対して怒りに燃える父の描写(お約束的)とか、斬新?なキャラデザインの天女達とか、色々楽しませて貰いました。
(↓織姫の織った衣を取りに来た天女、初登場のシーン。最初、悪役かと…)
160704-11

お遊びはとにかく、織姫の口ずさむ歌も可愛いし、斬新だけど楽しい、アニメーションらしい素敵な一品でした(自分的に)。
こんな感じの作品を、もっと見てみたいなあ。

ヒヂリンゴ・聖 こづつみPON 倉橋一平 160704-0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wotakuma.blog60.fc2.com/tb.php/1629-65c85d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top